沿革
タツミ産業株式会社 TATSUMI SANGYO CO.,LTD

大正11年 東京都豊島区池袋にて巽谷與吉が、竹皮・経木販売を
目的とする「巽谷商店」を開業

大正14年 東京都北区滝野川に営業所並びに竹皮加工工場を
移転新設し、経木製造工場も併設

昭和27年 法人に改組「株式会社たつみや商店」となり、社長に
田中信清が就任し、食品包装用品全般の卸売を主体と
する広範な営業活動を開始

昭和38年 社名を「タツミ産業株式会社」と改称

昭和41年 新社長に巽谷與志雄が就任、前社長田中信清は
会長となる

昭和45年 東北事業部開設(現:北日本事業部)
関東物流センター開設

昭和48年 輸出入業務開始

昭和49年 関西事業部並びに物流センター開設

昭和63年 東北事業部移転拡充(現:北日本事業部)

平成4年 本部・関東事業部移転拡充

平成8年 関西事業部移転拡充

平成12年 札幌営業所開設
十条営業所開設(現:家庭用品部)

平成13年 新社長に石関慎一が就任、前社長巽谷與志雄は会長となる

平成14年 石巻営業所開設

平成23年 京都営業所開設

平成24年 3月5日に90周年を迎える